FC2ブログ
 
■プロフィール

ペンション クリッターハウス

Author:ペンション クリッターハウス
裏磐梯五色沼へ徒歩10分、オリジナルの欧風コース料理と手作りケーキのデザート、自家製焼立てパンが好評です。お風呂は古代檜風呂、森のジャグジー、露天風呂の三湯、貸切利用できます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

我が家のニンニク
昨秋庭に植えたニンニク
昨日収穫しました
2019critter-ninniku2-web600.jpg
植えた時期もちょっと遅かったせいか
肥料が足らなかったのもあるのか
あまり大きくならなかった
少し干してから料理に使うことにします
2019critter-ninniku1-web600.jpg 2019critter-ninniku4-web600.jpg
それでも初の試みでできることはわかりました
今年はもっときちんと土を作って
早くに植え付けし、春になれば肥料も多めにして
もっと大きく育てるようにしてみます
来年の楽しみですね


スポンサーサイト



楽しみ | 17:17:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
興福寺展へ
連休用のアスパラをいただきに喜多方の農家へ
そのまま足を伸ばして会津若松の県立博物館まで
先週から始まった興福寺展
「興福寺と会津」を鑑賞してきました
2019koufukujiten1-web600.jpg
博物館のエントランスには徳一像と薬師如来像
こちらは写真撮影OKです
2019koufukujiten3-web600.jpg 2019koufukujiten2-web600.jpg
展示場内には国宝や重要文化財が何体も
特に今回は仏像の後ろからも見られるように展示してあり
普段見られない角度からも鑑賞できます
春の東博の東寺展も同様の展示法でしたね

会期は8月18日(日)まで
前期7月28日までと後期7月30日からで展示替えがあります
特に国宝の「維摩居士坐像」は7月15日までの特別展示なので
興味のある方はお見逃しなく

法相六祖坐像の善珠・常騰の視線が印象的
細字法華経の細密さには感嘆させられました
徳一と会津の会場には会津の寺院所蔵の品々が
改めて仏都会津を再認識させられます

裏磐梯の自然を満喫した後
ちょっと歴史に触れてみるのもこの夏の楽しみですね

楽しみ | 11:33:06 | トラックバック(0) | コメント(1)
スタートはサクランボ
フルーツ王国福島のスタートはサクランボ
そろそろ佐藤錦も始まります
2013sakuranbo12-web600.jpg
赤い宝石の中でも一番の人気品種
たくさんのお客さんがサクランボ狩りに訪れます
2015sakuranbo4-web600.jpg 2015sakuranbo2-web600.jpg
山は花が咲き始めて美しい季節
山歩きの後にサクランボ狩りもいいですよ
楽しみいっぱいの福島です


楽しみ | 10:28:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
花が咲き始めました
この間まで桜が咲いていたのに
気がつけば色とりどりの花が咲き始めています
2019yabudemari1-web600.jpg
ヤブデマリやタニウツギ
里ではレンゲツツジも咲いています
2019taniutugi2-web600.jpg 2019critter-murasakihana3-web600.jpg
6・7月は高山植物も咲いて
山歩きが楽しくなります
本格的なトレッキングシーズンの幕開けですね


楽しみ | 10:59:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
念願の若冲展
念願だった伊藤若冲展へ行ってきました
2019-jyakutyuuten2.jpg
震災直後の時は行きそびれて
待ちに待った若冲展
駐車場が混んでいるということだったので
駅前に車を置いて初の福島交通飯坂線で
美術館図書館前駅下車
歩いてすぐです
image101.jpeg image102.jpeg
じっくり時間をかけて堪能させていただきました
image106.jpeg 2019jyakutyuuten1.jpg image105.jpeg
余韻に浸りながら帰りはてくてく歩いて駅まで
はなももの里まで足を伸ばしました
2019hanamomonosato8-web600.jpg
鮮やかなピンクがきれい
桜とは違った味わいがあります
2019hanamomonosato23-web600.jpg 2019hanamomonosato28-web600.jpg
今週末頃が見頃のようですよ





楽しみ | 21:54:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ